花嫁さまのための二次会ドレスレンタル専門ショップ

♡ ブライズメイドとは?

ブライズメイドのイメージ画像

おそろいのドレスを着て、新婦のお世話をする数名の女性。
花嫁の一番近くで結婚をお祝いする彼女たちのことを、ブライズメイドと呼びます。
欧米では古くからの風習ですが、日本ではここ数年見られるようになりました。

ブライズメイドとは?

ブライズメイドとは?

ブライズメイドとは、挙式・披露パーティーなどで、立会人として花嫁に付き添い、花嫁のお手伝いをする女性たちのことを言い、その起源は中世ヨーロッパにあると言われます。
花嫁を悪魔から守るために姉妹や友人たちが花嫁と似た格好をし、悪魔を惑わした風習がはじまりです。


ブライズメイドは、主に花嫁の友人や姉妹・親族で 未婚の女性が務めるとされていましたが、近年では欧米でも日本でも、未婚既婚の区別はあまり気にされなくなってきています。
大切な姉妹や友人に、一番近くで結婚をお祝いしてもらいましょう♪

ブライズメイドの役割

ブライズメイドの役割

ブライズメイドには一般的に2~5名ほどが選ばれ、結婚式の準備のお手伝いや、当日 花嫁の身の回りのお世話をします。
指輪交換の際に花嫁のブーケやグローブを預かったり、ベールやドレスの裾を直したり、二次会パーティーを取り仕切ったりと、様々な役割があります。


新郎の側にも、アッシャー(別名グルームズマン)と呼ばれる男性数名がいて、ブライズメイドと同じ役割を果たします。
ブライズメイドとアッシャーは基本的に同じ人数・カラーで統一します。
日本で行われる結婚式では、ブライズメイドのみでアッシャーを立てないケースも多くみられます。

ブライズメイドドレスを選ぶ

ブライズメイドドレスを選ぶ

ブライズメイドが着る衣裳は、新婦が用意するのが一般的なようです。


ブライズメイドドレスを選ぶときのコツは3つ!
①新婦の着るウエディングドレスや会場の雰囲気に合わせてカラーを選ぶ
②まっ白以外の色で揃える(白は花嫁の色)
③地味にならないよう、華やかなものを選ぶ


厳密に『こうしなければならない』というきまりはないので、3つのコツを押さえて楽しく選びましょう♪


レントアキューティーのブライズメイドドレスは、高品質でありながら低価格でのレンタルを実現。
国内での挙式・パーティーにはもちろん、ハワイなどの海外挙式にも気軽に利用して頂けます♪
大切な友人たちにぴったりの、素敵なドレスを探しませんか?

I found my man, but I still need my girls.
私は大切な人に出会ったけれど、これからもあなたたちが必要です。

最愛の友人たちにブライズメイドをお願いするときは、こんな素敵な台詞はいかがでしょう。

ブライズメイドドレスを見る

※『RENT A CUTIE』では、ウェブサイトをより快適に閲覧していただくために最新の「Firefox」「Google Chrome」「Internet Explorer」ブラウザを推奨しております。